×
閉じる

ページID
P030191

(木曜日)

ページID
P030191

(固定資産税・家屋)数年前に新築した住宅の固定資産税が急に高くなったのはなぜですか

(木曜日)

 新築住宅に対しては、一定の要件にあたるときは軽減措置があります。
 固定資産税が課税されることとなった年から3年分(長期優良住宅や3階建て以上の耐火、準耐火住宅は5年分)に限り、120平方メートルまでの居住部分に相当する固定資産税の税率の2分の1が軽減されます。
 急に固定資産税が高くなったのは、この新築住宅に対する軽減措置が終了したことで本来の税額に戻ってしまったことがその理由です。
 なお、都市計画税には、この軽減措置はありません。
 また、新築住宅の軽減措置が終了した場合のほか、増築や改築をされたときはその翌年分から増・改築分の固定資産税が課税されることになりますので、このような場合も従来の年より家屋の固定資産税は高くなります。

この記事についてのお問い合わせ

財政部資産税課

0294-22-3111
  • 土地係  内線 231 232 736
  • 償却資産担当  内線 385
  • 家屋係  内線 233 234
050-5528-5054 050-5528-5055
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-25-1123
sanzei@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎2階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。