×
閉じる

ページID
P030189

(木曜日)

ページID
P030189

(固定資産税・家屋)家屋が古くなったのに評価額が下がらないのはなぜですか

(木曜日)

 家屋の評価は、評価の対象となった家屋とまったく同一のものを評価の時点において、その場所に新築する場合に必要とされる建築費(再建築価格)に、家屋の建築後の経過によって生ずる損耗の状況による減価率(経年減点補正率)を乗じて評価額を求めます。

 したがって、評価替えの年度から次の評価替えの年度までの間の再建築価格の基礎となる建築費の上昇率が経年減点補正率という減価率を上回る場合は、評価額が上がることになり、反対に、建築費の上昇率が経年減点補正率を下回る場合は評価額が下がることになります。

 固定資産税においては、評価替えによる評価額が評価替え前の価格を上回る場合には、現実の税負担を考慮して原則として評価替え前の価格に据え置くこととされています。

 このようなことから、建築費の上昇が大きい場合には、家屋が古くなっても評価額が下がらないことがあります。

この記事についてのお問い合わせ

財政部資産税課

0294-22-3111
  • 土地係  内線 231 232 736
  • 償却資産担当  内線 385
  • 家屋係  内線 233 234
050-5528-5054 050-5528-5055
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-25-1123
sanzei@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎2階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。