×
閉じる

ページID
P030190

(木曜日)

ページID
P030190

(固定資産税)年の途中に土地や家屋の売買をしたときは、誰に課税されるのですか

(木曜日)

 年の途中で土地や家屋を売買されても、地方税法の規定により、土地と家屋の固定資産税は賦課期日(毎年1月1日)現在において登記簿に所有者として登記又は土地・家屋課税(補充)台帳に登録されている人に対して、その年分の固定資産税の課税をすることになっています。
 よって、年の途中で所有者が変更になったとしても、賦課期日現在の所有者に対し1年間課税することになります。
 通常、年の途中に土地や中古住宅を購入した場合は、不動産業者を介し、固定資産税の日割り計算を行っている場合が多いようです。

この記事についてのお問い合わせ

財政部資産税課

0294-22-3111
  • 土地係  内線 231 232 736
  • 償却資産担当  内線 385
  • 家屋係  内線 233 234
050-5528-5054 050-5528-5055
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-25-1123
sanzei@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎2階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。