Loading

×
閉じる

ページID
P078520

令和元年8月9日(金曜日)

ページID
P078520

オペラ・ミュージカル「日立の玉手箱」公演情報

令和元年8月9日(金曜日)

オペラ・ミュージカル「日立の玉手箱」について

日立市の歴史・文化遺産を後世に伝承し、同時に郷土愛の自覚を図れればと、市民参加のオペラ・ミュージカル「日立の玉手箱」を企画しました。
このオペラ・ミュージカルを通じて、郷土の宝である子どもたちと市民有志に、劇・踊り・合唱・オペラ等の体験の場を提供します。
音楽の力で歴史と民俗、自然と人間の共生、平和等を網羅している日立の心を“世界の未来は日立から”として発信します。
(日立の玉手箱実行委員会より)

公演日時等

プレ公演

  • 日時 2019年8月25日(日曜日)13時から
  • 会場 多賀市民会館ホール
  • チケット 大人1,000円、子供500円 ※チケット好評発売中!!

取扱いは、日立シビックセンター、日立市民会館、多賀市民会館、 ゆうゆう十王、水木交流センター

プレ公演
(プレ公演ポスター)

本公演

  • 日時 2020年3月28日(土曜日)17時から、29日(日曜日)13時から
  • 会場 日立市民会館ホール
  • チケット 大人3,000円、子供500円 ※後日発売予定

「日立の玉手箱」ストーリー 

作曲・台本・総監督

仙道 作三(せんどう さくぞう)

ストーリー序章

夜明け前の日立の海に、オレンジ色に輝く星の神様(日立の地主神「甕星香々背男」ミカホシカガセオ)が、今日の一日、市民の幸せを願い歌っている。
やがて太陽が昇り、人々が目覚め、活動が始まると、日立の巨樹スダジイが生える杜に子どもたちが遊びにやってくる。
にぎやかな声に誘われて、スダジイの精霊が、思わず飛び出す。
子どもたちはスダ爺と仲良しになり、日立市1500年の歴史が入っている玉手箱から七つの物語が飛び出す。

稽古とリハーサルの様子

大久保小
(大久保小学校の子どもたち)
水木小
(水木小学校の子どもたち)

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

生活環境部文化・国際課

0294-22-3111(内線 510 534 535 595)
050-5528-5062
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-24-5301
kokubun@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎2階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。