×
閉じる

staff blogスタッフブログ (スタッフブログ)

七夕イベント行いました☆

2018年8月12日

7月7日は七夕ですよね!短冊に願い事を書いて笹に飾るのが一般的ですね。そこでかみね動物園でも七夕をみなさんと一緒に楽しもう!!ということで7月7日、8日に七夕イベント行いました!

動物園で願い事を叶えよう

6月5日から17日までふれあいプラザ2階の資料館で動物園で叶えたい願い事を募集しました。たくさんの応募ありがとうございました!!「ゾウにのりたい!」や「ペンギンと一緒に泳ぎたい!」といった様々な願い事が集まりました。その中から担当者の独断(かみね動物園でできそうなもの、過去にやったことがないもの、動物が楽しくなるようなものなどなど)で選ばせていただきました!!

クマにおもちゃをプレゼントしたい

おもちゃといってもとても力持ちのクマですからそんじょそこらの物じゃ壊されてしまいます。そこで登場したのが竹!こちらに穴をあけて中におやつとなるフルーツや、大好きなクマ用のペレット(栄養満点のドックフードのような物)を入れようとなりました。竹に穴をあけたり、フルーツを切ったりとみんなで準備を頑張りました!!

完成 くんくん

     <穴あけ完成!>           <喜んでもらえるかな?>

エリコ エリコ2

クマのエリコもアイも見慣れない物に興味津津!!肩に担いだり、壁に打ち付けたりしてどうにか中のフルーツを出そうとしていました。飽きずにずっと遊んでいたのでプレゼントは大成功でした!!

ブラッザグエノンとインスタ映えする写真を撮りたい

さあ、飼育員を悩ませるインスタ映え。インスタグラムをやっている人が少なくてちょっとピンとこないんですよね。。。しかし、ブラッザグエノンのチョイスに惹かれ採用となりました!!白い立派なあごひげが特徴的なサルのブラッザグエノン。そこで、飼育員お手製のなりきりセットを着けて一緒に写真を撮ってもらおうとなりました!

えさ2 ブラッザ

まずはエサをあげてブラッザグエノンと仲良くなってもらいました。その後はエサを片手に撮影タイム突入!白いひげが良い味出してますね!!

サングラス 仮面

持ってきてもらった赤いサングラスを着けての写真も撮りました。これは映えてますね!!そして最後は担当飼育員と一緒に集合写真を。楽しんでもらえたようで大成功でした!

ライオンにエサをあげたい

以前はライオンサンデーなどでみなさんにもエサをあげてもらっていましたが、サンデーの終了と共にあげてもらう機会が少なくなってきました。そこで今回の願い事で叶えようとなりました。

にく 肉

ライオンを一旦部屋にしまい、お肉を展示場のいろんなところに隠しました。こうすることでただあげるよりも「探す」という楽しみができるんです。さらにその探している姿を見てみんなも楽しい!

探す えさ

    <あ!お肉見つけた!!>         <間近で食べる姿に大興奮!>

普段入れないライオンの獣舎の中に入って、自分の足の下にライオンがいてちょっと怖かったけど最後は笑顔が見れたのでこれも大成功!!

フラミンゴの真ん中でインスタ映えする写真を撮りたい

フラミンゴでもインスタ映え。さすが流行りインスタグラム!フラミンゴも今まで選ばれなかったので今回採用となりました。応募者の姉弟にはピンクの服を着てきてもらい、準備万端!

なかなか入る機会のないフラミンゴ舎に入って思う存分写真を撮ってもらいました。フラミンゴは集団行動が得意で、良い感じに集まってくれました。

片足立ち 集合

 <フラミンゴのように片足立ちで!>     <お父さんお母さん飼育員と共に>

            フラミンゴ

         <いつものようにネット越しじゃなくてこんなに近くで!>

どの願い事もみなさん楽しそうだったので今年の七夕イベントも大成功でした!!また来年も行うと思いますのでみなさん今からどんな願い事にしようか考えておいて下さい!!お楽しみに♪

今年の七夕イベントのおかげで少しだけインスタ映えが分かったような気がする飼育員 西野

2018年8月12日

身近な生き物展2018ラインナップ!

2018年8月3日

 身近な生き物展2018の生き物達を一挙大公開!

今年も始まりました「身近な生き物展 2018」!!

入口

普段は見逃してしまうような身近な生き物達を、飼育員手作りの展示でご紹介!

今年初登場の生き物もいますよー♪

まずはこちら!

今年も企画展中に卵を産むのだろうか?茶色いボディが特徴的な「カナヘビ」

カナヘビ

石の下や落ち葉の下などに上手に隠れます。見つけられるかな??

続いてはこちら!

細長い体と大きなカマがかっこいい!水の中で暮らす昆虫「ミズカマキリ」

ミズカマキリ

なんとゾウのプールの中に住んでいました!他の水辺から飛んできたみたいです。

そして毎年人気のカブトムシコーナーもあります。そーっとのぞいてみてね!

カブト

他にも

ナナフシ、トノサマバッタ、シロスジカミキリ、クロオオアリ、タガメ、タイコウチ、ゲンゴロウ、ダンゴムシ、ワラジムシ、ヤマナメクジ、カタツムリ、イモムシ、アズマヒキガエル、アオダイショウ、ニホンカナヘビ、ヒガシニホントカゲ

などなど

今年もにぎわいを見せる「身近な生き物展 2018」

みなさんもぜひお越しください!!

2018年8月3日

棲めば都!?意外な動物の楽園に!!

2018年8月2日

 クマのすみかにクマ以外の動物が棲んでいるんです!

その動物はこの配管を巣にして・・・大群で・・・子育てしています。 さて、何でしょう?

 クマ舎配管

 

正体は!

 

 

この小さな鳥。

スズメ

 スズメでした。

なんでこんな所にと思いますが、スズメはクマがいるのでカラスなどの天敵が近づかなく安心なのでしょうか?でもクマに食べられないの?と思うのですが、安心してください、食べませんよ。全く興味なしです。クマたちは夕方になると寝室に戻ってしまうため、日中だけの微妙な共存をしています。

ヒグマとスズメ

 

スズメは2月~9月の間に複数回繁殖します。

スズメ2羽

カップル成立ですね。

スズメ交尾

 

 この穴を巣にしよう。

※正しい使い方。獣舎の外側に浸透した雨水を排水するための配管。

スズメの新しい巣

 

巣の中を覗いてみると他の鳥の羽やクマの毛、落葉がぎっしり詰まっています。せっせと運んだんでしょう。卵を発見!1回の繁殖で4個~8個産卵するそうです。

巣の中の卵

巣から落ちて、冷たくなっていた卵。巣には戻せないので、貴重な資料として標本に使います。

 卵2センチ

 

産卵から約2週間で孵化すると聞き、再び覗いてみると、いました!ヒナです!

さらに約2週間後には成鳥になって巣から外の世界へ巣立っていきました。

 ヒナ

 

 巣立ち

 緑豊かな動物園には飼育動物以外にもたくさん野生の生き物が棲んでいます。ゆっくり散策してみると「あっ、あそこにカナヘビ!カナチョロ!」「カバのプールにゲンゴロウがいた!」などたくさんの発見があるかもしれませんね。

担当 きむら

2018年8月2日