×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

ページID
P000215

平成29年8月31日(木曜日)

ページID
P000215

クーリング・オフの手続方法

平成29年8月31日(木曜日)

 クーリング・オフとは、「頭を冷やす」という意味で、いったん申し込みや契約をした場合でも、契約(申込み)のための書面の交付を受けた日から一定の期間は、消費者からの一方的な契約の解除が認められる制度です。
 しかし、クーリング・オフ制度には適用されない商品やサービス、期間の制限などがあります。たとえば、消費者が出向いて購入した場合や、またカタログを見て注文する通信販売などは適用されません。
 契約内容が記載された書類を渡されたら内容をよく確認し、早まったと思った時は速やかにクーリング・オフの手続きをとる必要があります。
 契約をする時はくれぐれも慎重にするよう注意しましょう。
 クーリング・オフは書面で行うことになります。
 はがきの記載例と取引内容によるクーリング・オフを行える期間については、添付ファイルをご覧ください。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る