×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

お知らせ

クーリング・オフとは、「頭を冷やす」とい...

在宅ワーク事業者に関する相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。

電話や訪問による勧誘トラブルが高齢者を中心に増加しています。

医療機関ネットワーク(消費者庁と国民生活センターが、参画医療機関を受診した事故情報を収集)には、0歳児の転落事故が多く寄せられていますので、気をつけましょう。

電力小売自由化が4月から始まります。必要性をよく検討しましょう。

光回線サービスの契約トラブル相談が多く寄せられています。現在の契約を理解した上で検討しましょう。

4月1日から始まる電力小売全面自由化について、消費者庁が情報提供しています。

投資にはリスクがつきものです。理解できない場合は契約を控えましょう。

電力小売り全面自由化が始まります。よく理解してから契約しましょう。

石油ストーブ等からの火災事故防止のために安全な給油作業、自宅の製品がリコール品でないか確認を!

目的以外の物を勧められても、必要なければきっぱりと断りましょう。

消費者庁が高齢者のやけどに関する事故情報を公表し、注意喚起!

FMひたちや日立電鉄バス車内放送での消費者トラブル等のお知らせについての周知

茨城県警が県内全域に「ニセ電話詐欺」に注意を呼びかけています

県北地域及び鹿行地域にニセ電話詐欺多発警報が発令されたことに対する注意喚起

消費者庁に寄せられた高齢者の誤飲・誤食事故の概要と暮らしの注意点等の情報です。

見知らぬ人や事業者からの「社債を購入する権利を譲ってほしい」「あなたの名前を貸してほしい」という依頼には応じないでください。

子どもの死亡事故が発生しました。ドラム式洗濯機の管理に気をつけましょう。

政府広報に似たチラシで誘導する偽の相談窓口に注意しましょう。

オレオレ詐欺、金融商品取引詐欺、架空請求詐欺、還付金等詐欺にご注意!!

衣服のすそを踏んで、けがをした事例を紹介。特に高齢の方は気をつけましょう。

国民生活センターが、インターネットの旅行申込みについて、契約条件等をよく確かめるように注意を促しています。

子どもが電車の戸袋、ドアに挟まれるなどの事故が、夏に多く発生しています。

国民生活センターが事例をあげて、長期使用家電製品について注意を呼び掛けています。自分でも周りの家電製品をチェックしましょう。

全国の消費生活センターの相談を集約している国民生活センターが「自治体の消費生活センターだと思ったら行政書士等から費用請求された」トラブルについて情報を発信

国民生活センターが、注意を呼びかけています。添付リーフレットをご覧になり消費者トラブルに巻き込まれないようにしましょう。

全国の消費生活センターの相談を集約している国民生活センターが「今、どんな手口で勧誘が行われているか」発信している情報です。

消費生活センターでは、消費者問題に関する...

消費生活センターからのお知らせ

消費者庁からの注意喚起

貴金属等の「訪問購入」が特定商取引法の規制対象になりました

リコール製品(TDK株式会社製の加湿器KS-500H)の使用中止

住宅修繕契約の留意点

皆さんは、契約ってどんな時に成立すると思...

ページの上部に戻る