×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 11月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P073280

平成30年12月7日(金曜日)

ページID
P073280

11月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成30年12月7日(金曜日)

11月の相談受付状況

1 総受付件数 155件 (前月比26件減)

2 多い相談内容 

順位   

相談内容

件数                          

事 例

1 位

商品一般(商品の特定ができないもの)

  37件

・「特定消費料金訴訟最終告知のお知らせ」と書かれたハガキが届いたが身に覚えがない。どうしたらよいか。

・スマートフォンに、宅配便事業者をかたって「不在者連絡」との題でショートメッセージが届き、返信してしまった。アドレス帳の情報が漏れていないか。

2位

通信トラブル(デジタルコンテンツ)

9件

・スマートフォンに、大手通信会社をかたり有料動画の未納料金があるとショートメッセージが届いたが身に覚えがない。どうしたらよいか。

・2日前、スマートフォンでアダルトサイトを探し、タップしたら登録完了になってしまったので、退会の電話をかけたが退会できない。

3位

健康食品

7件

・5か月前、インターネット通販で健康食品を契約し、すぐに返品の電話をしたがつながらず、放置していたら法律事務所から督促が届いた。返品できないか。

・テレビショッピングでサポーターを注文したら、健康食品の定期購入が条件だった。解約したいが電話がつながらない。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

 11月は、60歳代からの相談が一番多く、約3割を占めた。

 今月は80歳代からの相談も多かった。

 60歳代以上の高齢者からの相談は約6割で、男女比は女性がやや多かった。

 相談

     

 4 気をつけましょう!!

★来訪した事業者に「家屋で壊れたところはないか。損害保険で負担なく修理できる。」と言われたが不審であるとの相談が増えました。住宅修理とは別に、保険金を請求する手続きをサポートするという契約をさせられ、その手数料を請求される場合もあります。修理の必要性や契約内容を十分に確認し、家族や周りの人にも相談しましょう。

★市役所職員や銀行員を名乗る不審な電話が多数かかってきています。また、ATMを操作させてお金をだましとる「還付金詐欺」の被害も発生しました。ATMで還付金の手続きはできません。このような電話は詐欺の電話なので、すぐに切ってください。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る