×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 11月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P064551

平成29年12月7日(木曜日)

ページID
P064551

11月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成29年12月7日(木曜日)

11月の相談受付状況

1 総受付件数 118件 (前月比26件増)

2 多い相談内容

 

 

相談内容

件数

事  例

1位

通信トラブル

13件

・テレビのアンテナを調査するとのチラシがポストに投函されていたが、信用できる事業者か。

・スマートフォンに、有料コンテンツの未納料金があるとショートメッセージが届いたので電話をしたら、10万円を電子マネーで支払えと言われた。どうしたらよいか。

2位

融資

9件

・生活費が不足し、銀行のカードローン等で借入れしているが、今月の返済ができない。債務整理について知りたい。

・16年前に消費者金融から借入れしたが、返済が滞ったために債権回収業者から高額な請求を受けた。時効ではないか。

3位

商品一般(商品の特定ができないもの)

8件

・総合消費料金未納分訴訟最終通知書と書かれたハガキが届いたが、身に覚えがない。どう対処すればよいか。

・4日前から、同じ電話番号から何度も電話があり、出ると音楽が流れて切れてしまう。相手の業者を特定できるか。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  11月は、40歳代からの相談が一番多かった。

  次いで70歳代、50歳代からの相談が多く、60歳代からの相談は減少した。

  男女比は女性が約6割だった。

相談者

                                       

4 気をつけましょう!!

★自宅で物品を買い取ってもらう訪問購入では、購入業者は突然訪問して勧誘することはできません。前もって電話等で連絡した場合でも、消費者が事前に承諾した物品しか買い取ることはできません。突然「貴金属はないか」などと言われてもきっぱり断りましょう。

★インターネット広告を見て、健康食品などを初回割引価格で購入したところ、実際は定期購入契約だったというトラブルが増えています。商品を購入する前に表示をしっかり確認することが大切です。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

  • 電話03-5729-3711
  • [ 日曜の12時~17時のみ ]

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • 電話03-3448-1409
  • [10時~12時/13時~16時 ]