Loading

×
閉じる

ページID
P059488

平成29年4月27日(木曜日)

ページID
P059488

日立市総合計画 後期基本計画(H29~33年度)

平成29年4月27日(木曜日)

「日立市総合計画 後期基本計画」を策定しました(平成29年3月)

 この度、東日本大震災の直後に策定した「日立市総合計画前期基本計画(平成24~28年度)」の計画期間が終了したことから、市政運営の新たな羅針盤として、平成29年度から今後5年間のまちづくりの方向性を定めた「日立市総合計画後期基本計画(平成29~33年度)」を策定しました。 

  後期基本計画の表紙  ※詳細については、以下よりダウンロードをしてご覧ください。

 本 編

   ※データ容量が大きいため、4分割して掲載しています。
   【1】 表紙~総論部分

   【2】 大綱1~3

   【3】 大綱4~6

   【4】 資料編

 概要版 ・ パンフレット版

   ・概要版

   ・パンフレット版
 

計画の策定に当たって

 後期基本計画では、本格的な人口減少時代の到来や少子高齢化、国を挙げての「地方創生」の取組、安全・安心に対する意識の高まりなど、現在の社会の潮流を適切に把握し、新たに4つの視点(以下参考資料参照)を加えながら計画を策定しました。
 
新たな4つの視点

 また、日立市が直面する主要課題や、新たな市民ニーズに的確に対応するため、特に重点的に取り組む事業を盛り込んだ、5つの重点プロジェクトを柱とする「ひたち創生戦略プラン」を設定し、施策・事業の推進を図ります。

  ⇒ 参考資料(計画のポイント)」はこちら 

 「日立市まち・ひと・しごと創生総合戦略」との関係性

  人口減少を始めとする様々な課題を克服するため、平成27年12月に策定した「日立市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の政策目標や事業などを包摂し、それぞれ関係する分野の大綱・施策に位置付け、事業に取り組むこととしています。
関係図

参 考

 日立市総合計画とは

  総合計画は、日立市における最上位の計画であり、目指す将来都市像を「生活未来都市・ひたち ~知恵と自然が響き合い、くらしを明日につなぐまち~」と定め、その実現のために、「くらしの安心をつなぐ」、「まちの活力を育む」、「地域の力を磨き活かす」の3つの基本理念を設定しています。

 この基本理念のもと、「福祉・医療」、「教育・文化」、「産業」、「都市基盤」、「生活環境」、「協働」の6つの大綱を掲げ、様々な施策を推進することとしています。

 計画期間は平成24年度から33年度までの10年間ですが、これを「前期」「後期」の各5年に分け、具体の取組を取りまとめたものが基本計画です。

 本年度から平成33年度までの5年間は、後期基本計画に基づき、各種施策・事業を推進していきます。
 
計画期間の図

(参考1) 前期基本計画(平成24年3月策定) 

  以下の文言をクリックして該当ページからご参照ください。 

   → 日立市総合計画 前期基本計画について(新しいウインドウが開きます)

(参考2) 日立市まち・ひと・しごと創生総合戦略(平成27年12月策定)

  以下の文言をクリックして該当ページからご参照ください。 

   → 日立市まち・ひと・しごと創生総合戦略について(新しいウインドウが開きます)

(参考3) 策定経過等

  策定委員会の経緯等については、次の「関連するその他の記事」からご参照ください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室企画調整課

0294-22-3111(内線 348 349 326)
050-5528-5032
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-21-1663
kikaku@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 第3庁舎2階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。