Loading

×
閉じる

ページID
P000814

平成21年1月11日(日曜日)

ページID
P000814

国民年金保険料の免除

平成21年1月11日(日曜日)

第1号被保険者で強制加入のかた(60歳未満で日本国内居住者)に限り、思わぬ災害や、経済上の都合で保険料を納められない時は、市を経由して年金事務所に申請して認められると免除されます。
平成14年4月から保険料がより納めやすくなるように、従来の「全額免除制度」に加え、「半額免除制度」ができました。さらに、平成18年7月からは4分の3免除制度と、4分の1免除制度ができ、多段階に分かれ免除される制度ができました。
「4分の3免除」「半額免除」「4分の1免除」が承認された場合は、いずれも残る部分の保険料を納付しないと、未納にした期間と同じ扱いになります。

法定免除

生活扶助や国民年金、厚生年金等の障害(基礎)年金1級、2級を受けているかたは免除を受けられます。

申請免除

失業などで、収入が少なく保険料を納めるのが困難なかたは、本人、配偶者及び世帯主の所得が一定額以下の場合、申請により免除が受けられます。

学生納付特例制度

学生本人の所得が一定の所得以下のかたは、申請により承認を受けると月々の保険料納付が猶予されます。

若年者納付猶予制度

30歳未満で、本人及び配偶者の所得が一定額以下の場合は、申請により承認を受けると月々の保険料納付が猶予されます。

保険料の追納

保険料の免除をされた期間については、後で生活にゆとりができたときに納める(追納という)ことができます。追納できる期間は、承認を受けた月から10年間以内です。
ただし、承認を受けた期間から2年度を経過した期間については、当時の保険料に一定の加算額が上乗せされます。

手続きの窓口

国民健康保険課、市民課及び各支所

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部国民健康保険課

0294-22-3111(内線 202 205 207)
050-5528-5076
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-5116
hoken@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎1階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。