Loading

×
閉じる

ページID
P050914

平成28年3月18日(金曜日)

ページID
P050914

4種混合予防接種(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)

平成28年3月18日(金曜日)

4種混合ワクチンは、不活化ワクチンで、ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオを予防するワクチンです。

生後3か月から接種することができ、全部で4回の接種が必要です。接種回数が多いので、接種もれに注意しましょう。

接種対象年齢

生後3か月から7歳半未満まで

接種回数

4回

接種方法 

予防接種 回数 前回接種との接種間隔
4種混合 1回目(初回)
2回目(初回) 20日以上(標準的には20~56日)
3回目(初回) 20日以上(標準的には20~56日)
4回目(追加) 6月以上(標準的には1年~1年6月)

市内の接種医療機関

市内協力医療機関一覧 

病気について

ジフテリア

ジフテリア菌の飛沫感染でおこります。

症状は、高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、おう吐などで、偽膜ができ窒息死することもあります。

発病2~3週間後には菌の毒素によって心筋障害や神経麻痺をおこすことがあります。

百日せき

百日せき菌の飛沫感染でおこります。

症状は、普通の風邪のような症状で始まりますが、せきがひどくなり顔を真っ赤にして連続でせき込むようになります。せきの後に急に吸い込むので、笛を吹くような音が特徴です。

乳幼児は、くちびるが青くなったり(チアノーゼ)、けいれんを起こし、肺炎や脳症の重い合併症、命を落とすこともあります。

破傷風

土の中にいる破傷風菌が傷口から体内に入ることで感染します。

菌が体の中で増えると、菌の出す毒素で筋肉のけいれんをおこします。最初は口が開かなくなるなどの症状で、やがて全身のけいれんをおこし、治療が遅れると死に至ることもあります。

ポリオ

ポリオに感染している人の便に排泄され、それに触れ抵抗力を持っていない人へ感染します。

感染しても、ほとんどの場合は発症しませんが、発症すると脳・脊髄へ感染し、一生残る手足のマヒをおこすことがあります。

日本には、現在ポリオウイルスは存在しませんが、海外で流行している地域もありますので免疫をつけることが重要です。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部健康づくり推進課

0294-21-3300
050-5528-5180
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-27-2112
kenko@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-15-15

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。