Loading

×
閉じる

ページID
P018782

平成28年4月1日(金曜日)

ページID
P018782

日立市不妊治療費助成事業

平成28年4月1日(金曜日)

市では、特定不妊治療を受けたかたに治療費の一部を助成します。

平成28年度から、対象年齢・通算助成回数が変更になっています。

下記の内容を確認の上、申請してください。

対象となる治療

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)
(補足)やむをえず治療を中断した場合や凍結融解胚移植も対象(採卵に至らない場合は対象外)

対象者

次のすべての要件に該当するかた

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦で、夫または妻のいずれかが治療が終了した日において市内に1年以上住んでいるかた
  2. 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないまたは極めて少ないと医師に判断され、県が指定する医療機関で特定不妊治療を受けたかた
  3. 県不妊治療費補助金の交付決定を受けたかた(所得要件等により県補助金が非該当となったかたを含む)
  4. 当該助成に係る治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満のかた

助成回数

受けられる助成回数は、これまでの助成歴と年齢によって決まります。
下表を確認してください。

初めて助成を受けた際の
治療開始日の
妻の年齢

通算助成回数

40歳未満

通算6回まで

40~42歳

通算3回まで

43歳以上

助成対象外

※平成27年度までに受けた助成回数も通算されます。
通算助成回数に満たない場合でも43歳以降に開始した治療は助成対象にはなりません。

助成額

1回の治療につき5万円を限度。

申請手続き

茨城県不妊治療費交付申請後、日立市に申請してください。(県が非該当のかたは、市に直接)
申請に必要な書類については、日立市不妊治療費助成事業のご案内をご覧ください。
申請場所は、健康づくり推進課(保健センター)になります。

(補足)茨城県不妊治療費交付申請は、茨城県日立保健所(電話番号:0294-22-4188)が窓口になります。
茨城県不妊治療費助成事業、不妊専門相談センターについては、茨城県のホームページ(いばらき 結婚・子育てポータルサイト)(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

不妊専門相談センターのご案内

     不妊専門相談センターのご案内

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部健康づくり推進課

0294-21-3300
050-5528-5180
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-27-2112
kenko@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-15-15

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。