• ホーム>
  • イトヨの里泉が森公園(いとよのさといずみがもりこうえん)見どころ
ページID
P002553

平成21年7月9日(木曜日)

ページID
P002553

イトヨの里泉が森公園(いとよのさといずみがもりこうえん)見どころ

平成21年7月9日(木曜日)

見どころ

イトヨ観察

イトヨの写真

関東地方では栃木県大田原市に生息。
茨城県内では泉が森公園にだけ生息しています。

イトヨの生態について

イトヨは体長5から6センチメートルほどのトゲウオ科の魚で、背中や腹などに鋭い棘を持っています。

一生を淡水で過ごす陸封型と産卵期以外を海で過ごす、降海型に分けられます。
泉が森公園のイトヨのような陸封型は、きれいな湧き水(水温約15度)のある限られた場所にしか生息しません。

食性は肉食性で、水生昆虫などを餌としています。
雄は池の底に水草片などをあつめて鳥のように巣を作り、雌に対して「ジグザグダンス」といわれる一種の求愛行動をとって巣穴の中へ導き、産卵させます。産卵後、雄は稚魚が泳ぎだすまで子育てに専念します。

泉が森公園のイトヨについては、正確な記録が無いので、いつの頃から棲みついたのか知られていませんが、少なくとも半世紀前には生息していたことが確認されています。

イトヨの放流の様子
イトヨの放流(オープンセレモニー)
陸封型イトヨの分布
管理作業の様子
運営委員会の管理作業。
いつでもきれいに。

ゲンジホタル観察

ゲンジホタルの写真
  • 体長(ミリメートル):メス約 18 オス約 15
  • 成虫の季節:5月中旬から7月中旬
  • 成虫の光り方:2から4秒位の長い点滅
  • 産卵数(個):500から1000
  • 卵の直径(ミリメートル):約0.5
  • 孵化期間(日にち):25から30(気温によって異なる)
  • すんでいる場所:河川(流水)
  • 幼虫のえさ:カワニナ
カワニナの写真
カワニナ(ゲンジボタル幼虫のエサ)もいます
クレソンの水辺で遊ぶ子どもたちの様子
クレソンの水辺で遊ぶ子どもたち
ホタル観察会の様子
ホタル観察会

管理・里親団体等

管理

日立市 都市建設部 都市整備課 公園係
〒317-8601 茨城県日立市助川町1丁目1番1号
電話番号 0294-22-3111 内線263、276

公園里親団体

イトヨの里泉が森公園運営委員会

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
都市建設部都市整備課
代表電話番号
0294-22-3111(内線 263 276)
ファクス番号
0294-21-7750

ページの上部に戻る