催し物

十王町伊師にある長者山遺跡の、日立市初の国史跡の指定を記念して講演会を行います。

国史跡指定をめざす長者山遺跡について、郷土博物館の職員が現地ガイドを行います。

入四間の御岩神社は今でも回向祭りが執り行われるなど神仏習合の姿が見られる神社です。その様子から日本人の精神性を探ります。

近代の道標に記された方向・その印・石材などからわかる特色について解説します。

沖縄奄美地方の島嶼の成り立ちとその特徴を解説します。

徳川斉昭は、体制の矛盾解決のために藩政改革を断行した。それに反発する勢力の嘆き節から、斉昭の改革の一端を垣間見る。

浮世絵、狂歌、落首、手鞠歌などの文化から、民衆が抱いていた抵抗について読み取ります。

日立市の南部に伝わる「八つ凧(やつだこ)」をつくります。

九州地方の国立公園とジオパーク全てについて、その地学的見所を紹介します。

江戸時代から近代までの馬の役割と県北の山間(やまあい)の村における馬産について述べます。

幕末政治史を彩る徳川斉昭の歴史の表舞台への登場。そこには水戸藩始まって以来最大のお家騒動があった。

縄文時代に作られた人形である土偶。その使い方や形について日立市内で出土した土偶を交えながらご紹介します。

九州地方の大地の成り立ちとその特徴を解説します。

ページの上部に戻る