Loading

×
閉じる

ページID
P052006

平成28年5月12日(木曜日)

ページID
P052006

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)ができました

平成28年5月12日(木曜日)

 平成28年4月1日に施行された障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(以下、障害者差別解消法という。)では、「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮をしないこと」が、差別になります。

 【「不当な差別的取扱い」とは?】
○ 例えば、「障害がある」という理由だけで・・・
   ・スポーツクラブに入れないこと、
   ・アパートを貸してもらえないこと、
   ・車いすだからといってお店に入れないこと、などです。
  障害のない人と違う扱いを受けているので、「不当な差別的取扱い」であると考えられます。
  ただし、他に方法がない場合などは、「不当な差別的取扱い」にならないこともあります。

 【「合理的配慮をしないこと」とは?】
○ 例えば・・・
   ・聴覚障害のある人に声だけで話すこと、
   ・視覚障害のある人に書類だけ渡して読みあげないこと、
   ・知的障害のある人にわかりやすく説明しないこと、などです。
 障害のない人にはきちんと情報を伝えているのに、障害のある人には情報を伝えていないことになります。
 障害のある人が困っている時に、その人が障害に合った必要な工夫ややり方を相手に伝えて、それを相手にしてもらうことを合理的配慮といいます。
 障害者差別解消法では、役所や会社・お店などが、障害のある人に「合理的配慮をしないこと」も差別となります。
 ただし、合理的配慮のために、例えば、お金や人手がかかりすぎたりすることもあります。その場合、ほかの工夫ややり方を考えることになります。

 【役所と会社・お店などはちょっと違います】
 不当な差別的取扱いをすることは、役所も会社・お店なども禁止されます。
 合理的配慮は、役所は必ずしなければなりませんが、会社やお店などは、障害のある人が困らないようにできるだけ努力をすることになっています。

 【身につけよう心のみだしなみ】
 私たちの生活の中では、障害について知らないために、結果的に障害のある人に不自由や不快な思いをさせてしまうことがあると思います。
 障害や障害特性などについて理解し、日常生活の中での配慮や工夫をしてみることにより、お互いが身近に感じ、ひいては、障害のある人の社会参加の機会が広がることにつながります。

(共生社会をつくるためのステップ)
 (1)障害を正しく理解しましょう
        ↓
 (2)日常生活などで積極的にサポートしましょう
        ↓
 (3)機能的障害のあるなしにかかわらず、互いに人格と個性を尊重し支え合う「共生社会」を
   実現しましょう

ファイルダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部障害福祉課

0294-22-3111(内線 458 465)
050-5528-5074
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-3011
shogai@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎1階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。