Loading

×
閉じる

ページID
P063106

平成29年9月27日(水曜日)

ページID
P063106

産後ケア事業が始まります(平成29年10月より)

平成29年9月27日(水曜日)

産後ケア事業

 出産直後は、心身ともに不安定になりやすい時期です。お母さんの育児サポートと赤ちゃんの生活リズムづくりのため、施設を日帰りまたは宿泊で利用し、心身のケアや指導が受けられます。

 利用できるかた

 日立市に住所があり、下記の(1)から(3)の全てにあてはまるお母さんと生後4か月未満の赤ちゃん

(1) 体調不良や育児不安があるかた

(2) ご家族などから産後の協力を得るのが難しいかた

(3) お母さん、赤ちゃんともに入院治療の必要がないかた

利用日数と利用料金(自己負担金)

利用できる日数は、1回の出産につき、日帰りケア及び宿泊ケア合わせて7日以内

     形態   利用時間のめやす  利用料金(自己負担金)
日帰りケア(昼食付) 午前9時~午後5時 1日     4,000円

宿泊型ケア

(1泊2日の場合4食付)

午前9時~翌日の午後5時

1泊2日    11,000円

(以降は1日につき5,000円追加)

 

 

 

 

 

*市民税非課税世帯、生活保護受給者の場合は、利用料金が免除されます。

*利用料金は、利用日当日に施設へ直接お支払いください。

 ケアの内容

・お母さんのケア:心身のケアや乳房ケアなど

・赤ちゃんのケア:発育や発達のチェック、体重や排便のチェックなど

・育児サポート :授乳指導、スキンケアや沐浴指導、育児相談など

利用可能な施設

*他の施設で出産した場合も利用できます。【平成29年10月現在】

   施設名称      所在地
日立総合病院 日立市城南町2-1-1
瀬 尾 医 院 日立市東多賀町2-15-8
県北医療センター 高萩協同病院 高萩市上手綱上ケ穂町1006-9
ひたちなか総合病院 ひたちなか市石川町20-1
加 瀬 病 院 ひたちなか市市毛835
ひたちなか母と子の病院 ひたちなか市青葉町19-7
はやかわクリニック ひたちなか市津田1952-1
と べ 助 産 院 東海村須和間1315-2

利用方法

 日立市子育て世代包括支援センター(すこやか ひたち)へご相談下さい。

保健師、助産師などが心配なことをお伺いします。相談、申請は妊娠中から可能です。(原則として利用日の7日前までに申請書を提出いただき、育児状況や相談内容などを審査のうえ利用決定通知書をお送りします。)

問い合わせ先

日立市健康づくり推進課(子育て世代包括支援センター)

☎ 21-3300      IP 050-5528-5180

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部健康づくり推進課

0294-21-3300
050-5528-5180
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-27-2112
kenko@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-15-15

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。