Loading

【学年物語】6年生物語…日立市理科クラブの支援でおいしいパンケーキを作りました。

【学年物語】6年生物語…日立市理科クラブの支援でおいしいパンケーキを作りました。

2月27日(金曜日)、日立市理科クラブの皆様に来ていただき、水に不純物が入ると電気が流れる話とその仕組みを使ったパンケーキ作りの実験をしました。ホットケーキミックスの粉に卵と牛乳を入れ、電気を通すと湯気が出て、水分が抜けると電気も通らなくなってホクホクパンケーキの完成です。あつあつのパンケーキをほおばる嬉しさで、勉強も忘れそう!…いや、日立市理科クラブの皆様、ありがとうございました。勉強したことも忘れません。

電気の通る水の話 

▲はじめに、水に「塩」を入れたら電気が流れるかを見る実験。
 真水では、電気が流れなかったのが、塩をぱらぱら振ると、どんどん
 電気が流れるようになり、最後は白熱電球も明るくつきます。

食塩水で電気がついた。

▲ほら、食塩水の水槽の両側に電極を入れておいて…電気が流れれば、
 白熱電球が明るく光ります。…確かに電気が流れています。

スポーツドリンクで実験

▲次は、スポーツドリンクや牛乳でも実験してみました。
 みなさんは、電気が通ると思いますか?…

 答えは、上の写真を見てください。食塩水、スポーツドリンク、牛乳…
 すべて電気が流れて、まぶしいくらいに電球が光っています。

さあてつくるぞ、牛乳をいれると

▲ホットケーキミックスの粉に、卵を入れてよく混ぜます。…牛乳を入れてかき混ぜると?
 あらあら、おいしそうな生地ができました。

型に流し込む

▲電極を刺した牛乳パックに生地を流し込みます。
 「公平にね。…ぴったり半分こだよ。」…神経を使います。

電気を流して、記録にとる

▲100ボルトの家庭用電源をつないで、時間ごとにワット数を記録します。
 最初に大きく電気が流れ、温度も急に高くなります。
 すこし電力も温度も下がってから再び上がり、その後はゆっくり電力も
 温度も下がっていきます。

湯気が出て沸騰?

▲湯気が出て、沸騰しているように見えます。温度も高くてやけどしそう。
 表面がぷつぷつ いい感じになってきました。

電気が流れている

▲盛んに湯気が出ている状態で、豆電球を差し込むと???
 なんと電気が流れているので、豆電球も明かりがともります。

できあがり

▲はい、パンケーキのできあがり…焦げ目がないのは、
 水分がなくなると、自然と電気も流れなくなるからです。
 とってもいいにおいです。

ごちそうさん人間の体も電気はとおる

▲味も最高! 満足の実験結果でした。 最後に人の体も電気が通ることを手をつないで
 実験しました。ビリビリ…とはきませんでしたが、感電には注意してくださいね。

日立理科クラブの宮寺さん、小佐野さん、三村さん、卒業間近の6年生にすばらしいプレゼントの実験をありがとうございました。おいしい実験…また来てください。お待ちしています。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
東小沢小学校
代表電話番号
0294-52-6000
ファクス番号
0294-52-5883
メールフォーム
メールフォーム

ページの先頭へ戻る

日立市立東小沢小学校

住所
〒319-1231 茨城県日立市下土木内町617番地
電話
0294-52-6000
FAX
0294-52-5883

本校の維持運営にあたり電源立地地域対策交付金を活用しています。