ページID
P001971

平成28年4月1日(金曜日)

ページID
P001971

市議会の仕組み

平成28年4月1日(金曜日)

私たちの住む日立市の教育、福祉、産業、建設など、住民福祉の向上を市民全員で話し合い、方針を決定していくことが民主主義の基本原則ですが、全員で協議することは実際には難しいことです。そこで市民の代表者を選挙で選び、市政の運営を委ねることにしています。この代表者が市議会議員と市長です。
市議会議員は市議会を構成して、市長が行政を行うのに必要な予算や条例などを決定します。そして議会の決定した意思に従って、市長は『生活未来都市・ひたち ~知恵と自然が響き合い、くらしを明日につなぐまち~』の実現のために実際の仕事を行います。このことから議会を『議決機関』、市長部局等を『執行機関』と呼び、両者は車の両輪のように、ともに市政を運営しています。

議員

議員の定数は、条例で28人と定められております。

議長・副議長

議長と副議長は、議会において議員の中から選挙で選ばれます。議長は議会を代表するとともに、議事を整理したり、議会の事務を処理する権限を持っています。副議長は、議長が病気等で不在のときに議長の代わりを務めます。

会派

市政について同じ考えや意見を持っている議員が集まって、それぞれグループをつくっています。これを会派といいます。
日立市議会では、3人以上で構成されるグループを会派と認めています。

  • 民主クラブ 8人
  • 日立市政クラブ 7人
  • ひたち未来 6人
  • 公明党 5人
  • 無会派(日本共産党日立市議団) 2人

議会事務局

市議会の仕事を円滑に処理するため、議会事務局が設置されています。現在10人の職員で、本会議、委員会の事務や市議会の論議をまとめた会議録などを作成したり、その他、さまざまな議会運営の事務に当たっています。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
議会事務局
代表電話番号
0294-22-3111(内線 371 372 373)
ファクス番号
0294-24-5303
メール
メールフォーム

ページの上部に戻る